CTKDを用いるBluetooth BR/EDRおよびBLE端末において鍵情報が上書きされる脆弱性(JVN) | ScanNetSecurity
2020.09.25(金)

CTKDを用いるBluetooth BR/EDRおよびBLE端末において鍵情報が上書きされる脆弱性(JVN)

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人JPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)は9月11日、CTKDを用いるBluetooth BR/EDRおよびBLE端末において鍵情報が上書きされる問題について「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
独立行政法人情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人JPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)は9月11日、CTKDを用いるBluetooth BR/EDRおよびBLE端末において鍵情報が上書きされる問題について「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。影響を受けるシステムは以下の通り。

Bluetooth Core Specification 4.0 および 5.0 に基づいて CTKD を実装しているBluetooth 機器

Bluetooth Basic Rate/Enhanced Data Rate(BR/EDR)とBluetooth Low Energy(BLE)は本来、互換性は無いが、これら両方をサポートする機器においてCross-Transport Key Derivation(CTKD)を用いたペアリングを行うことで相互接続に必要なLong Term Key(LTK)やLink Key(LK)の生成・交換を同時に管理することが可能となる。

今回、発表されたのはCTKDによって生成されたLTKやLKが、機器間の通信に割り込んだ攻撃者により上書き可能となる脆弱性(CVE-2020-15802)で"BLURtooth"と呼称される。

想定される影響としては、攻撃者により機器内に保持されているLTKやLKが改ざんされ、認証されていない鍵や、より強度の低い鍵の使用を強制され中間者攻撃(Man-in-the-Middle 攻撃)が行われる可能性がある。

JVNでは、Bluetooth機器の開発者に対してはBluetooth SIGのガイダンスを参照することを、Bluetooth機器を利用するユーザに対しては機器ベンダから提供されるファームウェアを常に最新の状態にするよう注意を呼びかけている。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×