CTKDを用いるBluetooth BR/EDRおよびBLE端末において鍵情報が上書きされる脆弱性(JVN) | ScanNetSecurity
2022.05.29(日)

CTKDを用いるBluetooth BR/EDRおよびBLE端末において鍵情報が上書きされる脆弱性(JVN)

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人JPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)は9月11日、CTKDを用いるBluetooth BR/EDRおよびBLE端末において鍵情報が上書きされる問題について「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
独立行政法人情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人JPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)は9月11日、CTKDを用いるBluetooth BR/EDRおよびBLE端末において鍵情報が上書きされる問題について「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。影響を受けるシステムは以下の通り。

Bluetooth Core Specification 4.0 および 5.0 に基づいて CTKD を実装しているBluetooth 機器

Bluetooth Basic Rate/Enhanced Data Rate(BR/EDR)とBluetooth Low Energy(BLE)は本来、互換性は無いが、これら両方をサポートする機器においてCross-Transport Key Derivation(CTKD)を用いたペアリングを行うことで相互接続に必要なLong Term Key(LTK)やLink Key(LK)の生成・交換を同時に管理することが可能となる。

今回、発表されたのはCTKDによって生成されたLTKやLKが、機器間の通信に割り込んだ攻撃者により上書き可能となる脆弱性(CVE-2020-15802)で"BLURtooth"と呼称される。

想定される影響としては、攻撃者により機器内に保持されているLTKやLKが改ざんされ、認証されていない鍵や、より強度の低い鍵の使用を強制され中間者攻撃(Man-in-the-Middle 攻撃)が行われる可能性がある。

JVNでは、Bluetooth機器の開発者に対してはBluetooth SIGのガイダンスを参照することを、Bluetooth機器を利用するユーザに対しては機器ベンダから提供されるファームウェアを常に最新の状態にするよう注意を呼びかけている。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×