「Emotet」関連相談が急増、パスワード付きZIPファイル添付攻撃も確認(IPA) | ScanNetSecurity
2022.05.22(日)

「Emotet」関連相談が急増、パスワード付きZIPファイル添付攻撃も確認(IPA)

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は9月2日、7月中旬から攻撃活動が再開した「Emotet」について、相談が急増したパスワード付きZIPファイルを使った攻撃の例を発表した。

脆弱性と脅威 脅威動向
独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は9月2日、7月中旬から攻撃活動が再開した「Emotet」について、相談が急増したパスワード付きZIPファイルを使った攻撃の例を発表した。

IPAによると、Emotetの攻撃メールが継続して確認されているとともに、情報セキュリティ安心相談窓口へのEmotetに関連する相談は7月~8月の2ヶ月で34件、9月1日から9月2日の午前中だけで23件と急増しており、多数の国内企業や組織で被害が発生している可能性があるため改めて注意を呼びかけている。

IPAでは9月2日に、「パスワード付きのZIPファイルを添付したEmotetの攻撃メール」を確認しており、本手口では、添付ファイルが暗号化されているためメール配送経路上でのセキュリティ製品の検知・検疫をすり抜け、受信者の手元に攻撃メールが届いてしまう確率が高く注意を呼びかけている。添付されたZIPファイルの中には、これまでと同様に悪意のあるマクロが仕掛けられたWord文書ファイルが含まれ、「コンテンツの有効化」ボタンをクリックするとウイルスに感染させられる。

IPAではシステム管理部門等に対し、被害の拡大防止のため、Emotetの攻撃メールへ警戒するとともに、改めて職員へ不審なメールへの注意喚起とメールアカウントが不正に使用された場合の速やかな停止などの対応を実施するよう呼びかけている。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×