テレワークで増えた3つの業務とは、実態調査を発表(ALSI) | ScanNetSecurity
2022.05.28(土)

テレワークで増えた3つの業務とは、実態調査を発表(ALSI)

アルプスシステムインテグレーション株式会社(ALSI)は8月3日、テレワークの課題をテーマとした実態調査の結果を発表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
アルプスシステムインテグレーション株式会社(ALSI)は8月3日、テレワークの課題をテーマとした実態調査の結果を発表した。

同社で提供するAIアシスタントチャットボット「ASBOT(あすぼっと)」は、社内システムと連携して報告業務やデータ検索業務、申請業務の作業代行が可能で、問い合わせに対し複数の対応策を提示、聞き返しなどコミュニケーションをとりながら解決まで導くことでテレワーク環境の業務の効率化を支援する。今回はASBOTのニーズを把握するため実態調査を行った。

本調査では、テレワークで対面でのコミュニケーションが減少したことで「人に直接確認することができず、不便を感じた(37.6%)」、「報告業務が増えた(39.9%)」、「リモート会議で相手の反応が分からない場面があった(33.6%)」など業務効率に課題をある一方、「通勤時間が無くなり自由な時間が増えた(72.8%)」、「化粧など出社準備をしなくてよくなった(42.2%)」などの好意的な意見が見られた。また、テレワークで増えた業務について「報告業務」、「データ検索業務」、「申請業務」の3つが挙げられた。

調査結果はこちらからダウンロード可能。

・「テレワーク実態調査」調査概要
調査実施期間:2020年7月1日~2020年7月4日
調査方法:インターネット調査
調査対象:直近3ヶ月以内に、1ヶ月以上テレワークを実施した営業・総務・人事・開発など20歳~59歳の男女1,113名
対象地域:全国(地域不問)※関東圏58.8%
対象業務領域:営業系75.4%/管理系24.6%
《高橋 潤哉( Junya Takahashi )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×