テレワーク環境特化型の情報漏えいリスクアセスメント、オンライン完結も可能(BBSec) | ScanNetSecurity
2022.05.29(日)

テレワーク環境特化型の情報漏えいリスクアセスメント、オンライン完結も可能(BBSec)

株式会社ブロードバンドセキュリティは8月3日、テレワーク支援サービスを拡充し新たに「テレワーク環境情報リスクアセスメントサービス」の提供を開始した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社ブロードバンドセキュリティは8月3日、テレワーク支援サービスを拡充し新たに「テレワーク環境情報リスクアセスメントサービス」の提供を開始した。

拙速でテレワークを実施、あるいは導入済みだが情報セキュリティ対策がこれからの企業需要に応える。テレワーク環境下の情報漏えい対策としてテレワークに特化したリスクアセスメントを行う。

まず総務省のテレワークセキュリティガイドラインに沿った自己問診型チェックシートで課題を可視化し、次に回答内容へのヒアリングで課題の深堀りを行い、専門的知見にもとづくリスク評価・対策案を提示、最後に報告会を実施、その後のアフターフォローも行う。サービス提供価格は、リスク評価レポートと課題一覧、対策一覧の提出及びQ&Aを込みにした場合税別1,000,000円から。
《高橋 潤哉( Junya Takahashi )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×