脆弱性ではXSS、製品は1位から7位までWindows OSが占める--JVN登録状況(IPA) | ScanNetSecurity
2020.05.26(火)

脆弱性ではXSS、製品は1位から7位までWindows OSが占める--JVN登録状況(IPA)

IPAは、2020年第1四半期(1月から3月)における「脆弱性対策情報データベース『JVN iPedia』の登録状況」を発表した。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)は5月13日、2020年第1四半期(1月から3月)における「脆弱性対策情報データベース『JVN iPedia』の登録状況」を発表した。発表によると、同期間にJVN iPedia日本語版へ登録された脆弱性対策情報は4,520件で、累計登録件数が116,604件となった。内訳は、国内製品開発者から収集したもの5件(公開開始からの累計は232件)、JVNから収集したもの184件(累計9,061件)、NVDから収集したもの4,331件(累計107,311件)となっている。

件数が多かった脆弱性は、「CWE-79(クロスサイトスクリプティング:XSS)」636件、「CWE-20(不適切な入力確認)」310件、「CWE-200(情報漏えい)」305件、「CWE-269(不適切な権限管理)」290件、「CWE-787(境界外書き込み)」195件などとなっている。

製品別登録状況では、1位から7位をWindows OSが占め、8位に「GitLab(GitLab.org)、9位に「PHPKB(Chadha Software Technologies)」、12位に「Android(Google)」がランクインしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!
編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!

Scan PREMIUM が半額! こんな時期だからこそセキュリティの未来を考えるオンライン飲み会を開催

×