重要インフラ限定、リモートワークのリスク調査無償提供(マクニカネットワークス) | ScanNetSecurity
2020.05.25(月)

重要インフラ限定、リモートワークのリスク調査無償提供(マクニカネットワークス)

マクニカネットワークス株式会社は4月30日、重要インフラ14分野の企業・組織に対し、同社が提供する侵害リスク調査サービスを無償で提供すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
マクニカネットワークス株式会社は4月30日、重要インフラ14分野の企業・組織に対し、同社が提供する侵害リスク調査サービスを無償で提供すると発表した。

テレワーク環境への移行に伴うリスクの増加への対応のために、ブラウザ・プラグイン・オンライン会議ツールの脆弱性の他、設定等の不備により自宅で起動した端末がインターネットから直接アクセスできるかどうか調査を行う。また、アンチウイルスで発見できない脅威、攻撃手法や特徴等の調査も行う。

今回の無償提供は、アジア太平洋地域のサイバー攻撃キャンペーンに関する脅威インテリジェンスを持つ台湾企業 TeamT5 社のハンティングツール「ThreatSonar」提供により可能となったという。

無償提供対象となる産業種別は下記の通り。ただしテレワークを実施していることが条件となる。「情報通信」「金融」「航空」「空港」「鉄道」「電力」「ガス」「政府・行政サービス(地方公共団体を含む)」「医療」「水道」「物流」「化学」「クレジット」「石油」

最大 30 社、1 社最大 500 台の端末調査まで無償、申込期限は5月29日(金)迄、なおすべてのサービスはリモートで提供される。
《高橋 潤哉( Junya Takahashi )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!
編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!

Scan PREMIUM が半額! こんな時期だからこそセキュリティの未来を考えるオンライン飲み会を開催

×