「OpenSSL」にDoS攻撃を受ける脆弱性、パッチ適用を呼びかけ(JVN) | ScanNetSecurity
2020.06.03(水)

「OpenSSL」にDoS攻撃を受ける脆弱性、パッチ適用を呼びかけ(JVN)

IPAおよびJPCERT/CCは、OpenSSL Projectが提供する「OpenSSL」にNULL ポインタ参照の脆弱性が存在すると「JVN」で発表した。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は4月22日、OpenSSL Projectが提供する「OpenSSL」にNULL ポインタ参照の脆弱性が存在すると「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。これは、OpenSSL Projectがセキュリティアドバイザリを公開したことを受けたもの。

今回、「OpenSSL Security Advisory [21 April 2020]」により公開された脆弱性は、「SSL_check_chain 関数におけるセグメンテーション違反 - CVE-2020-1967」。脆弱性の深刻度は「高(High)」となっている。この脆弱性が悪用されると、遠隔の第三者により細工されたメッセージを受信することによって、サービス運用妨害 (DoS) 攻撃を受ける可能性がある。

影響を受けるシステムは「OpenSSL 1.1.1d」「OpenSSL 1.1.1e」「OpenSSL 1.1.1f」で、最新版として「OpenSSL 1.1.1g」が公開されている。JVNでは、開発者が提供する情報をもとに最新版へアップデートするよう呼びかけている。なお、「OpenSSL 1.0.2」および「OpenSSL 1.1.0」は本脆弱性の影響を受けないが、サポートが終了しているためアップグレードを推奨している。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!
編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!

Scan PREMIUM が半額! こんな時期だからこそセキュリティの未来を考えるオンライン飲み会を開催

×