国内CASB市場5年で4倍予測、2018年度 11億円(ITR) | ScanNetSecurity
2022.12.07(水)

国内CASB市場5年で4倍予測、2018年度 11億円(ITR)

ITRは、国内のCASB(Cloud Access Security Broker)市場規模推移および予測を発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
株式会社アイ・ティ・アール(ITR)は3月3日、国内のCASB(Cloud Access Security Broker)市場規模推移および予測を発表した。これは、同社が発行する市場調査レポート「ITR Market View:エンドポイント/無害化/インターネット分離/CASB市場2020」からの抜粋。これによると、国内CASB市場の2018年度の売上金額は11億5,000万円、前年度比76.9%増と急拡大した。

企業がクラウドサービスを利用する機会が増えていることから、クラウド利用の可視化、クラウド利用の際のガバナンス対策、シャドーIT対策、企業が許可したサンクションITの管理を目的に、CASBが導入されている。また、クラウドサービスのデータ暗号化、認証強化、情報漏えい対策など、クラウドサービスの安全な利用を可能にするソリューションとしての需要も高まっている。CASB市場に参入するベンダも増加していることから、2019年度は同93.0%増の約22億円とさらなる伸びを予測、2023年には41億円市場になるとみている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×