米南部文化「ミミズ集め競争」を応用、マルウェア視点の研究成果 | ScanNetSecurity
2023.02.04(土)

米南部文化「ミミズ集め競争」を応用、マルウェア視点の研究成果

もし、どこかに「マルウェアを集める名人」がいるとしたら、セキュリティにおいて重宝な存在ではないだろうか。

研修・セミナー・カンファレンス セミナー・イベント
 アメリカ南部に「ワームチャーミング」という古い文化がある。あえて意訳するなら「ミミズ集め競争」となるだろうか。土壌をよくしてくれるミミズは農地においては重要な存在だ。それを集める技を競うのがワームチャーミングだ。

 もし、どこかに「マルウェアを集める名人」がいるとしたら、セキュリティにおいて重宝な存在ではないだろうか。

 マルウェアに狙われやすい環境というのは、きっとマルウェア(ミミズ)にとって魅力的なソフトウェアでありシステムであるはずだ。逆にマルウェアにとって魅力的でない環境はなんだろうか。

 この視点で、マルウェアを分析した専門家がいる。自ら興した InQuest という会社の Pedram Amini 氏。その研究の方法論と分析手法、そして得られた結果について Black Hat USA 2019 で発表されている。

 ワームチャーミングは、現在テキサス州東部地域で、ひとつのスポーツとして残っている。フィールドにおいて、それぞれの趣向で地面に振動を与えてミミズをたくさん呼び寄せたものが勝者となる。振動は、楽器だったり地面に刺した棒を叩いたり、各自のノウハウやポリシーがあるという。

 Amini 氏は、マルウェアのワームチャーミングをするにあたって、フィールドをエンドユーザー(クライアントサイド)の環境と設定した。
《中尾 真二( Shinji Nakao )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×