航空・ホテル大手に科された GDPR 罰金 400 億円、なぜ期限延長された(The Register) | ScanNetSecurity
2023.09.23(土)

航空・ホテル大手に科された GDPR 罰金 400 億円、なぜ期限延長された(The Register)

英国情報コミッショナーオフィス( ICO )はブリティッシュ・エアウェイズ( BA )と米国のホテルチェーン、マリオットへのデータ流出の罰金 2 億 8,000 万ポンドを棚上げした。

国際 TheRegister
 英国情報コミッショナーオフィス( ICO )はブリティッシュ・エアウェイズ( BA )と米国のホテルチェーン、マリオットへのデータ流出の罰金 2 億 8,000 万ポンドを棚上げした。

 シティの法律事務所ミシュコン・デ・レヤが突き止めたとおり、ICO は BA が 1 億 8,300 万ポンド、マリオットが 9,900 万ポンド、併せて 2 億 8,200 万ポンド(編集部註:約 40 億円)になるとしていた罰金を両企業に科す期限を延長した。

 英国のデータ保護機関は声明のなかで次のように言及している。「2018 年データ保護法附則第 16 に基づき、BA (およびマリオット) と ICO は規制手続きを 2020 年 3 月 31 日まで延長することに合意した。規制手続きが進行中のため、現時点でこれ以上のコメントは差し控える」
《The Register》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×