Google Cloud向け、EDR等エンドポイントセンサー自動実装機能(CrowdStrike) | ScanNetSecurity
2022.01.17(月)

Google Cloud向け、EDR等エンドポイントセンサー自動実装機能(CrowdStrike)

クラウドストライクは、Google Cloudプラットフォーム向けCrowdStrike Falconセンサーの自動実装機能を提供すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
クラウドストライク株式会社は3月2日、Google Cloudプラットフォーム向けCrowdStrike Falconセンサーの自動実装機能を提供すると発表した。同機能は、「Google Cloud Operating System(OS)Configuration」で提供され、両社共通のユーザはCrowdStrike FalconセンサーをGoogle Cloud上の新しいCompute Engineリソースに容易にインストールすることができる。対応OSは、RedHat、Ubuntu、Windows。

同機能によって、すべてのセンサーパッケージを一元化されたレポジトリで管理し、Google Cloud環境でホスティングされているワークロードにエンドポイント保護を提供する際に、インストールするソフトウェアのバージョンをすばやく選択でき、実装時間を短縮できる。また、新たなワークロードはすべてのCrowdStrike Falconセンサーの展開を単一のユーザインタフェースから管理でき、運用タスクを自動化できるなどのメリットがある。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×