サポート終了の「IBM ServeRAID Manager」にリモートコード実行の脆弱性(JVN) | ScanNetSecurity
2020.02.26(水)

サポート終了の「IBM ServeRAID Manager」にリモートコード実行の脆弱性(JVN)

IPAおよびJPCERT/CCは、IBMが提供する「IBM ServeRAID Manager」に任意のコード実行が可能な脆弱性が存在すると「JVN」で発表した。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は2月13日、IBMが提供する「IBM ServeRAID Manager」に任意のコード実行が可能な脆弱性が存在すると「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。CVSS v3によるBase Scoreは9.8。

「IBM ServeRAID Manager 9.30-17006 およびそれ以前」には、Java RMI の制限不備が原因で任意のコード実行の脆弱性(CVE-2011-3556)が存在する。この脆弱性が悪用されると、リモートの第三者に任意のコードを実行される可能性がある。ServeRAID ManagerとJava 1.4.2はともにサポートが終了しているため、修正版のリリースはないとみられる。JVNでは、アクセス制限を実施することで、本脆弱性の影響を軽減できるとしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×