不正アクセス原因「設定不備」と並び「不明」もトップ、究明の難しさ反映(IPA) | ScanNetSecurity
2020.04.07(火)

不正アクセス原因「設定不備」と並び「不明」もトップ、究明の難しさ反映(IPA)

IPAは、2019年年間(1月~12月)における「コンピュータウイルス・不正アクセスの届出状況」を発表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は2月7日、2019年年間(1月~12月)における「コンピュータウイルス・不正アクセスの届出状況」を発表した。これは、同期間にIPAセキュリティセンターで受理した、コンピュータウイルスと不正アクセスに関する届出状況をまとめたもの。ウイルスの多様化などにより、2019年からはウイルスの検知名を元にした分類を取りやめ、届出1回につき1件として集計している。

2019年に寄せられたウイルス届出の年間件数は259件で、このうちウイルス感染被害があった届出は18件であった。主なウイルス被害の内訳は「Emotet」感染被害5件、ランサムウェア感染被害5件となっている。月別でみると、1月と12月がもっとも多く28件、被害件数は12月が5件でもっとも多かった。2019年年間の検出数は746,206個で、前年の632,375個から約18.0%増加している。月別では、1月が突出して多かった。

不正アクセス届出件数では、2019年の届出件数は89件(前年:54件)で、このうち被害があったのは56件と全体の約62.9%を占めた。届出の種別では、「侵入行為」が59件、「なりすまし」が21件、「サービス妨害(DoS)攻撃」が12件などとなっている。被害があった届出のうち、原因が判明しているものは「設定不備」で15件、「ID、パスワード管理の不備」が9件などとなっている。ただし、「不明」も15件あり、原因の特定に至らない事例も多いとしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×