特定の操作を行うことで顧客情報がインターネット上で閲覧可能に(JA横浜) | ScanNetSecurity
2020.04.06(月)

特定の操作を行うことで顧客情報がインターネット上で閲覧可能に(JA横浜)

横浜農業協同組合は12月17日、同組合の保有する顧客情報がインターネット上で一時閲覧可能な状態であったことが判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
横浜農業協同組合は12月17日、同組合の保有する顧客情報がインターネット上で一時閲覧可能な状態であったことが判明したと発表した。

これは同組合に貯金取引のある顧客のうち、氏名にカタカナあるいはローマ字表記がある顧客の情報が記載された資料が、10月1日から特定の操作を行うことによりインターネット上からアクセス可能であったことが12月13日に判明したというもの。発生原因の詳細は調査中だが、同組合Webサイト更新作業中に捜査を誤り、当該資料を外部から閲覧可能な状態にしてしまったと推測される。

インターネット上からアクセス可能だった資料には、同組合にて貯金取引のある法人および過去利用者を含む顧客のうち、氏名にカタカナあるいはローマ字表記がある顧客 計17,286人の管理店舗名、顧客番号、顧客氏名、住所、電話番号、取引開始日が記載されていた。

同組合では既に、当該資料を削除済みで、資料に記載された利用者には、同組合職員が訪問等のうえ説明と謝罪を行う予定。

同組合では今後、同組合Webサイトの更新作業にかかる手順を見直し、再発防止に向けチェック機能を強化するとのこと。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×