Synack社のペネトレーションテストを提供する合弁会社(デジタルハーツHD、ラック) | ScanNetSecurity
2022.05.17(火)

Synack社のペネトレーションテストを提供する合弁会社(デジタルハーツHD、ラック)

デジタルハーツHDとラックは、両社が新たに設立する合弁会社「株式会社レッドチーム・テクノロジーズ」の事業を12月1日より開始すると発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
株式会社デジタルハーツホールディングス(デジタルハーツHD)と株式会社ラックは11月28日、両社が新たに設立する合弁会社「株式会社レッドチーム・テクノロジーズ」の事業を12月1日より開始すると発表した。デジタルハーツHDは、ゲームソフトのデバッグで高成長し、シェア1位となっているが、産業シフトを目指しサイバーセキュリティ分野に進出。Synack社のクラウドソースペネトレーションテストサービスを提供している。

レッドチーム・テクノロジーズでは、Synack社のペネトレーションテストを核に、従来より低価格・短納期で拡大する需要にも対応できるペンテストを提供していく。また今後は、スパイウェアやフィッシングメールを偽装し外部から顧客の社内重要システムへの侵入を試みるなどの高度なペンテストとなる「レッドチームサービス」など、先進的なセキュリティサービスを展開する予定としている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×