2018年度国内IT市場規模12兆4,930億円、今後も堅調維持(矢野経済研究所) | ScanNetSecurity
2022.01.28(金)

2018年度国内IT市場規模12兆4,930億円、今後も堅調維持(矢野経済研究所)

矢野経済研究所は、国内民間企業のIT投資実態と今後の動向について調査を実施、結果を発表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
株式会社矢野経済研究所は11月27日、国内民間企業のIT投資実態と今後の動向について調査を実施、結果を発表した。本調査は7月から10月、国内の企業、公的団体・機関等を対象に、民間企業および公的団体・機関などに対する記名式郵送アンケート、および文献調査併用により実施したもの。調査結果によると、2018年度の国内民間企業のIT市場規模(ハード・ソフト・サービス含む)は前年度比2.8%増の12兆4,930億円と推計した。

また、2019年度は前年度比3.4%増の12兆9,180億円、2020年度は同1.6%増の13兆1,240億円、2021年度は同1.5%増の13兆3,200億円になると予測している。概要としては、2018年度はワークスタイル変革に関する取組みが引き続き堅調に推移したほか、民間企業の収益力の高まりなどから、大規模システムの更改も目立った。また、2020年1月に予定されているWindows7のサポート終了に向けたWindows10への買い替え需要も旺盛。これらの流れは2019年度も続くと予測している。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×