バッファロー製Wi-Fiルータにセキュリティ組込サービスを提供(Kaspersky) | ScanNetSecurity
2022.08.15(月)

バッファロー製Wi-Fiルータにセキュリティ組込サービスを提供(Kaspersky)

Kasperskyは、バッファローのWi-Fiルータ「AirStation connect」に、デジオンのネットワーク機器向けセキュリティ組み込みサービス「DiXiM Security」を提供開始すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社カスペルスキー(Kaspersky)は11月20日、バッファロー株式会社のWi-Fiルータ「AirStation connect」に、株式会社デジオンのネットワーク機器向けセキュリティ組み込みサービス「DiXiM Security」を提供開始すると発表した。DiXiM Securityには、Kasperskyが「Kaspersky Web Filter」および「Kaspersky Threat Intelligence Data Feed」をはじめとする保護テクノロジーを提供している。

これは、デジオンとKasperskyの戦略的技術提携によるもので、その第一歩となるとしている。ホームネットワークの入り口となるルータにセキュリティ機能を搭載し、サイバー攻撃の侵入を検知、ブロックすることで、家庭内のコンピュータやモバイルデバイスをリスクから守ることが可能となる。悪意あるWebサイトやフィッシングサイトへアクセスした場合は、ルータによって読み込みが中断され、警告メッセージを表示して知らせる。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×