プライベート情報全収集しマネタイズする社会実験応募者へメール誤送信、損害賠償実施予定(Plasma) | ScanNetSecurity
2020.06.07(日)

プライベート情報全収集しマネタイズする社会実験応募者へメール誤送信、損害賠償実施予定(Plasma)

株式会社Plasmaは11月18日、同社が行う社会実験Exographの一部の応募者へのメール誤送信が判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
株式会社Plasmaは11月18日、同社が行う社会実験Exographの一部の応募者へのメール誤送信が判明したと発表した。

これは同社が11月1日から行っている、プライベート情報を全て収集しマネタイズするExographの第一回社会実験の応募者へのメール連絡業務の中で、11月17日夜に一部の応募者のメールアドレスを「CC」欄に入力し送信したため、同報者にアドレスが流出したというもの。

同社では誤送信した応募者に対し、損害賠償の支払いを連絡済み。

同社では今後、社内確認を徹底するとともにプライバシーポリシーの見直しを行い再発防止に努めるとのこと。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!
編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!

Scan PREMIUM が半額! こんな時期だからこそセキュリティの未来を考えるオンライン飲み会を開催

×