「iTerm2」にリモートから任意のコマンドを実行される脆弱性(JVN) | ScanNetSecurity
2019.10.23(水)

「iTerm2」にリモートから任意のコマンドを実行される脆弱性(JVN)

IPAおよびJPCERT/CCは、macOS向けのターミナルエミュレータ「iTerm2」に、遠隔の第三者による任意のコマンド実行が可能となる脆弱性が存在すると「JVN」で発表した。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は10月9日、macOS向けのターミナルエミュレータ「iTerm2」に、遠隔の第三者による任意のコマンド実行が可能となる脆弱性が存在すると「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。CVSS v3によるBase Scoreは6.3。

「iTerm2 3.3.5 およびそれ以前」には、iTerm2におけるtmuxのコントロールモードの扱いに問題があり、遠隔の第三者がターミナル上に悪意あるコンテンツを出力させることによって、任意のコマンドを実行させることが可能となる脆弱性(CVE-2019-9535)が存在する。JVNでは、開発者が提供する情報をもとに最新版へアップデートするよう呼びかけている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★

2019年10月8日(火)~11月30日(土) の間 ScanNetSecurity 創刊21周年記念価格で提供。

×