イオンクレジットサービスを騙る偽メールを確認(フィッシング対策協議会) | ScanNetSecurity
2019.10.23(水)

イオンクレジットサービスを騙る偽メールを確認(フィッシング対策協議会)

フィッシング対策協議会は、イオンクレジットサービスを騙るフィッシングメールの報告を受けているとして、注意喚起を発表した。

脆弱性と脅威 脅威動向
フィッシング対策協議会は9月24日、イオンクレジットサービスを騙るフィッシングメールの報告を受けているとして、注意喚起を発表した。メールの件名は「www.aeon.co.jp」となっており、クレジットカードの不正決済が検出されたため利用制限を実施しているとして、利用制限の解除のためにリンクをクリックさせようとする。

確認されたフィッシングサイトのURLは次の通り。

http://www.aeon●.jp/

同協議会によると、フィッシングサイトは9月24日16時の時点で稼働中であり、JPCERT/CCにサイト閉鎖のための調査を依頼中としている。また、類似のフィッシングサイトが公開される可能性があるため、引き続き注意を呼びかけている。さらに、このようなフィッシングサイトにてセイ メイ、生年月日、クレジットカード番号、クレジットカード有効期限、セキュリティコード、メールアドレス、電話番号などを絶対に入力しないよう呼びかけている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★

2019年10月8日(火)~11月30日(土) の間 ScanNetSecurity 創刊21周年記念価格で提供。

×