国内の主要な個人情報漏えい事故を収録「日本情報漏えい年鑑2019」(イード) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.09.19(木)

国内の主要な個人情報漏えい事故を収録「日本情報漏えい年鑑2019」(イード)

イードは、2018年度に日本国内で発生した主要な個人情報漏えい事件・事故をまとめた「日本情報漏えい年鑑2019」を発刊したと発表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
株式会社イードは9月4日、2018年度に日本国内で発生した主要な個人情報漏えい事件・事故をまとめた「日本情報漏えい年鑑2019」を発刊したと発表した。本年鑑は、同社が運営するセキュリティ専門メディア「ScanNetSecurity」が配信するニュースの中から、企業や官公庁による個人情報漏えい事故を収集・掲載したもので、2002年から毎年刊行されている。

どのような事件が何故起きたのか、2018年に発生した代表的情報漏えい事故約250件を編年的に総覧できるほか、索引に掲載された企業名から漏えい事故を検索することもできる。また、事故ごとに「事故発生のリリース発表日」「企業・団体名」「漏えい件数」「漏えい原因」「関連URL」を収録している。

本年鑑は、PDFファイル版(メール納品:60,000円、CD-ROM:65,000円)、書籍版(75,000円)が用意されている。また、ローデータCSVファイル版(180,000円)も用意。こちらには、個人情報保護法が施行された2005年1月から2018年12月までの14年間に国内で発生した主要な情報漏えい事故約1,400件のデータを収録している。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×