メールサーバへの不正アクセスで迷惑メール送信の踏み台に(アールティ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.09.18(水)

メールサーバへの不正アクセスで迷惑メール送信の踏み台に(アールティ)

ロボットおよび人工知能に関する業務を行う株式会社アールティは8月30日、同社のメールサーバが不正アクセスを受け不正にメールが送信されたことが判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
ロボットおよび人工知能に関する業務を行う株式会社アールティは8月30日、同社のメールサーバが不正アクセスを受け不正にメールが送信されたことが判明したと発表した。

これは8月27日に、同社にてサーバ管理業務をしている中でメールサーバに不正侵入の痕跡があることを発見し調査したところ、不正に送信されたメールが約14,000件あることが判明したというもの。なお、同社によると、顧客データの漏えいはなかったとのこと。

同社では、即日パスワードを変更し状況を継続的に監視しているが、不正送信は見当たらず事態は収束している。

同社では再発防止策について、社内で検討した上で改めて報告予定。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×