小学校で学校用メールアカウント不正利用、不特定多数に迷惑メール送信(木津川市) | ScanNetSecurity
2019.10.19(土)

小学校で学校用メールアカウント不正利用、不特定多数に迷惑メール送信(木津川市)

京都府木津川市は7月19日、市内小学校の学校用メールアカウントが外部からメールアカウントを不正利用され、不特定多数の宛先に迷惑メールを送信したことが判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
京都府木津川市は7月19日、市内小学校の学校用メールアカウントが外部からメールアカウントを不正利用され、不特定多数の宛先に迷惑メールを送信したことが判明したと発表した。

調査によると、不正利用されたのは学校用メールアカウントのみで、個人情報の流出は無いとのこと。

なお、不正利用されたメールアカウントは事案判明後に、迷惑メールの送信を停止している。

同市では今後、セキュリティ対策のさらなる強化に努め再発防止に取り組むとのこと。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★

2019年10月8日(火)~11月30日(土) の間 ScanNetSecurity 創刊21周年記念価格で提供。

×