脆弱性届出、Webサイトに関するものが急増--四半期レポート(IPA) | ScanNetSecurity
2019.10.20(日)

脆弱性届出、Webサイトに関するものが急増--四半期レポート(IPA)

IPAは、「ソフトウェア等の脆弱性関連情報に関する届出状況[2019年第2四半期(4月~6月)]」を発表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)は7月25日、「ソフトウェア等の脆弱性関連情報に関する届出状況[2019年第2四半期(4月~6月)]」を発表した。これによると、同四半期のIPAへの脆弱性関連情報の届出件数は、ソフトウェア製品に関するもの55件、Webサイト(Webアプリケーション)に関するもの444件の合計499件であった。Webサイトに関するものが前月比約6.7倍と急増した。届出受付開始(2004年7月8日)からの累計は、ソフトウェア製品に関するもの4,328件、Webサイトに関するもの10,384件の合計14,712件で、Webサイトに関する届出が引き続き全体の約7割を占めている。

同四半期にJVNで公表したソフトウェア製品の修正完了件数は31件(累計1,987件)で、このうち1件は製品開発者による自社製品の脆弱性の届出であった。また、修正完了したWebサイトの件数は174件(累計7,547件)で、これらは届出を受け、IPAがWebサイト運営者に通知を行い、今四半期に修正を完了したもの。修正を完了した174件のうち、Webアプリケーションを修正したものは169件(97%)、当該ページを削除したものは5件(3%)、運用で回避したものはなかった。

ソフトウェア製品の種類別届出件数では、「Webアプリケーションソフト」(31件)、「ルータ」(7件)が上位となった。累計では、「Webアプリケーションソフト」が引き続きもっとも多く、45%を占めている。脆弱性の原因別で多かったのは、「Webアプリケーションの脆弱性」が31件でもっとも多く、「その他実装上の不備」が21件で2番目に多かった。影響別では、「任意のスクリプト実行」(15件)がもっとも多く、「なりすまし」が11件でこれに続いた。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★

2019年10月8日(火)~11月30日(土) の間 ScanNetSecurity 創刊21周年記念価格で提供。

×