警察や自衛隊、警備関係者が対象のテロ対策特殊装備展とは | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.12.12(火)

警察や自衛隊、警備関係者が対象のテロ対策特殊装備展とは

研修・セミナー・カンファレンス セミナー・イベント

「危機管理産業展(RISCON)2015」と一緒に東京ビッグサイトで開催されているもうひとつの展示会、それが「テロ対策特殊装備展(SEECAT)」だ。前者は一般向けだが、後者は来場対象者を警察や自衛隊、警備関係者に絞ったものとなる。

SEECATは主催側が「日本で唯一のテロ対策装備品を扱う展示会」と称するとおり、展示されている物品は他の展示会では見ることができないような直接的なものが多い。海外の展示会とは異なり、銃器は扱われていないものの、防弾チョッキや暗視スコープなどの個人装備品は普通に置かれている。

来場対象者は警察や自衛隊、警備会社の担当者が中心で、事前申請を行い、主催側の審査をクリアしないと会場内に入ることすらできない。「それ自体が展示物のひとつ」でもあるが、ゲートにはX線検査装置や金属探知機、液体探知機などが設置され、空港と同レベルのセキュリティが確保されている。取材者についても同様で、事前審査をクリアして会場内に入ることができたとしても「展示物の撮影が許可されない、モノについての説明も聞くことができない」といった状態に。出展する側としては「モノが必要な人にだけわかればいいので、取材であっても詳細を説明する必要はない」といった感じだろうか。質問も笑顔でスルーされることが多かった。

出展者からは撮影も許されず、説明も聞くことはできなかったが、展示されている装備品には「島嶼防衛を主眼に置いたもの」が目立っていたように思えた。防衛省の装備品調達も島嶼防衛にシフトしているので、自衛隊相手のビジネスがそうなってしまうのは当然なのかもしれない。

一般人は対象にしていない展示会、テロ対策特殊装備展とは

《石田真一@レスポンス》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

研修・セミナー・カンファレンス カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. サイバー犯罪対策、産学官連携の成果 -- JC3 間仁田氏報告

    サイバー犯罪対策、産学官連携の成果 -- JC3 間仁田氏報告

  2. DMARCの国内ISP導入事例

    DMARCの国内ISP導入事例

  3. C&Cサーバへの攻撃デモ、サイバーセキュリティに報復攻撃は認められるべきか

    C&Cサーバへの攻撃デモ、サイバーセキュリティに報復攻撃は認められるべきか

  4. CODE BLUEのハッキングコンテストで優勝、賞金2万ドルを獲得(NHNテコラス)

  5. 2017年8月25日 名和利男の目に映った光景

  6. 企業のネットワーク管理者必見!Internet Week 2017 セキュリティセッション紹介 第5回「知らないと困る?! 認証局とHTTPSの最新動向」について語る

  7. イスラエル発の国際セキュリティ会議「Cybertech」、11月30日開催(Cybertech Tokyo 運営事務局)

  8. 企業のネットワーク管理者必見!Internet Week 2017 セキュリティセッション紹介 第6回「キャッチアップ!2020に向けたメール運用」について語る

  9. Trend Micro CTF、エジプトのチーム「Egfr33ks」が優勝賞金100万円(トレンドマイクロ)

  10. 企業のネットワーク管理者必見!Internet Week 2017 セキュリティセッション紹介 第7回「オフィス/公衆Wi-Fiのセキュリティと混雑解消に向き合おう」について語る

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×