Windowsの複数のDNS関連機能に脆弱性(JPRS) | ScanNetSecurity
2024.02.28(水)

Windowsの複数のDNS関連機能に脆弱性(JPRS)

JPRSは、複数のWindowsのDNS関連機能に脆弱性情報(CVE-2019-0811、CVE-2019-1090)が公開されたと発表した。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
株式会社日本レジストリサービス(JPRS)は7月12日、複数のWindowsのDNS関連機能に脆弱性情報(CVE-2019-0811、CVE-2019-1090)が公開されたと発表した。同脆弱性を修正したバージョンも公開されている。

「Windows DNS Server」には、DNSクエリを適切に処理できない場合に、DNSサーバサービスが応答を停止する可能性がある脆弱性、Windows dnsrslvr.dllには、メモリ内のオブジェクトを処理する方法に特権の昇格が可能になる脆弱性が、それぞれ存在する。JPRSでは、提供元の情報をもとに最新版へアップデートするよう呼びかけている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×