モリサワフォント不正使用、和解に市場流通価格上回る約1,100万円支払(ACCS) | ScanNetSecurity
2024.07.20(土)

モリサワフォント不正使用、和解に市場流通価格上回る約1,100万円支払(ACCS)

ACCSは、不正コピーが発覚した大手芸能プロダクション系のキャラクター商品取扱会社とACCS会員において和解が成立したと発表した。

インシデント・事故
社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)は6月21日、不正コピーが発覚した大手芸能プロダクション系のキャラクター商品取扱会社とACCS会員において和解が成立したと発表した。

これは、東京都に本社を持つキャラクター商品取扱会社において、会員企業(株式会社モリサワ)が著作権を有するデジタルフォント411本を不正にインストールしていたことが発覚したもの。長期にわたる和解交渉の結果、損害賠償金として市場流通価格を上回る約1100万円が本年5月に支払われたという。同協会では、不正コピー防止のため、ソフトウェア管理の体制を改めて点検し、さらなる管理の徹底を呼びかけている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

編集部おすすめの記事

特集

インシデント・事故 アクセスランキング

  1. イセトーへのランサムウェア攻撃で日本生命保険の個人情報が漏えい

    イセトーへのランサムウェア攻撃で日本生命保険の個人情報が漏えい

  2. 2021年の「不正アクセスによる情報流出の可能性に関するお詫びとお知らせ」を2024年9月30日に削除 ~ 丸紅パワー&インフラシステムズ

    2021年の「不正アクセスによる情報流出の可能性に関するお詫びとお知らせ」を2024年9月30日に削除 ~ 丸紅パワー&インフラシステムズ

  3. 新日本製薬にランサムウェア攻撃、全ての業務は通常通り稼働

    新日本製薬にランサムウェア攻撃、全ての業務は通常通り稼働

  4. イセトーへのランサムウェア攻撃で東海信金ビジネスの個人情報が漏えい

  5. 誤報「安田講堂 学生排除のため東京大学が警察導入」が SNS で広まる

  6. 東京都教育委員会「Teams 事故再発防止委員会」設置

  7. 山陰合同銀行の委託先でウイルス感染、顧客4名の個人情報が流出の可能性

  8. イセトーへのランサムウェア攻撃で豊田市の推定 42 万人分の個人情報が漏えい、被害発生時は契約に基づき対応

  9. JAXA への不正アクセスによる情報漏えい、未知のマルウェア使用で侵害の検知を困難に

  10. 浪江町職員が不正アクセスで逮捕

アクセスランキングをもっと見る

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×