県立中央病院にて委託業者が入院請求書を別の患者に誤交付(新潟県) | ScanNetSecurity
2024.07.25(木)

県立中央病院にて委託業者が入院請求書を別の患者に誤交付(新潟県)

新潟県は6月19日、県立中央病院にて医事業務を委託している株式会社BSNアイネットの職員が、入院請求書を誤って別の患者に交付したことで個人情報が漏えいしたことが判明したと発表した。

インシデント・事故
トップページ
  • トップページ
  • リリース(個人情報が記載された書類の交付誤りについて)
新潟県は6月19日、県立中央病院にて医事業務を委託している株式会社BSNアイネットの職員が、入院請求書を誤って別の患者に交付したことで個人情報が漏えいしたことが判明したと発表した。

これは6月19日午前11時10分頃に、委託業者の職員が会計窓口で入院請求書を作成し患者を呼び出した際に、別の患者の家族が窓口を訪れ、患者名を読み上げ確認したところ「はい」と返答があったために請求書を渡したが、その後本来の患者から問いかけがあり誤交付が判明したというもの。

誤交付したのは氏名、生年月日、住所、電話番号が記載された入院請求書と診療内容(指導料、薬剤名、検査名)が記載された診療明細書。

同院では同日中に、誤交付した別の患者を委託業者と病院職員が訪問し、謝罪するとともに入院請求書を回収、患者本人に交付誤りと請求書の回収を報告した。

同院では今後、委託先を指導し再発防止に努めるとのこと。
《ScanNetSecurity》

編集部おすすめの記事

特集

インシデント・事故 アクセスランキング

  1. 富士通の複数の業務パソコンに高度な手法で攻撃を行うマルウェア、複製指示のコマンドを実行し拡大

    富士通の複数の業務パソコンに高度な手法で攻撃を行うマルウェア、複製指示のコマンドを実行し拡大

  2. 東京海上日動火災保険 提携先の税理士法人にランサムウェア攻撃

    東京海上日動火災保険 提携先の税理士法人にランサムウェア攻撃

  3. マイクロソフト、CrowdStrikeに起因する障害への支援について発表

    マイクロソフト、CrowdStrikeに起因する障害への支援について発表

  4. 富士通 FENICS のネットワーク機器での不正通信を受け総務省が文書で指導

  5. 世界規模の障害発生 ~ CrowdStrike CEO ジョージ・カーツ 公式コメント

  6. イセトーへのランサムウェア攻撃で日本生命保険の個人情報が漏えい

  7. 岡山県精神科医療センターへのランサムウェア攻撃、最大約 40,000 人分の患者情報が流出した可能性

  8. 東京海上日動の代理店システムで参照範囲の設定誤り

  9. イセトーへのランサムウェア攻撃で東海信金ビジネスの個人情報が漏えい

  10. 「Fujitsu MICJET コンビニ交付」システム再停止、6/28 に新たな証明書誤発行

アクセスランキングをもっと見る

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×