Intelが複数製品の12種類のアドバイザリを公開、アップデート推奨(JVN) | ScanNetSecurity
2022.01.23(日)

Intelが複数製品の12種類のアドバイザリを公開、アップデート推奨(JVN)

IPAおよびJPCERT/CCは、Intelが複数の製品に対するアップデートを公開したと「JVN」で発表した。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は5月15日、Intelが複数の製品に対するアップデートを公開したと「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。発表されたアドバイザリは次の通り。

・INTEL-SA-00204: Intel PROSet/Wireless WiFi Software Advisory
・INTEL-SA-00213: Intel CSME、Intel SPS、Intel TXE、Intel DAL、and Intel AMT 2019.1 QSR Advisory
・INTEL-SA-00218: Intel Graphics Driver for Windows 2019.1 QSR Advisory
・INTEL-SA-00223: 2019.1 QSR UEFI Advisory
・INTEL-SA-00228: Intel Unite Client Advisory
・INTEL-SA-00233: Microarchitectural Data Sampling Advisory
・INTEL-SA-00234: Intel SCS Discovery Utility and Intel ACU Wizard Advisory
・INTEL-SA-00244: Intel Quartus Software Advisory
・INTEL-SA-00245: Intel Unite Client for Android Advisory
・INTEL-SA-00249: Intel i915 Graphics for Linux Advisory
・INTEL-SA-00251: Intel NUC Advisory
・INTEL-SA-00252: Intel Driver & Support Assistant Advisory

想定される影響は各脆弱性により異なるが、権限昇格や情報漏えい、DoSなどの影響を受ける可能性がある。JVNでは、Intelおよび各ハードウェアベンダが提供する情報をもとに最新版へアップデートするよう呼びかけている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×