「WPA3」に弱いパスワードを取得されるなど複数の脆弱性(JVN) | ScanNetSecurity
2019.10.16(水)

「WPA3」に弱いパスワードを取得されるなど複数の脆弱性(JVN)

IPAおよびJPCERT/CCは、WPA3プロトコルおよびhostapdとwpa_supplicantの実装に複数の脆弱性が存在すると「JVN」で発表した。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は4月15日、WPA3プロトコルおよびhostapdとwpa_supplicantの実装に複数の脆弱性が存在すると「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。これらの脆弱性は "Dragonblood" と呼ばれ、プロトコルの仕様そのものに起因する可能性があるという。CVSS v3による最大Base Scoreは6.7。

脆弱性は次の通り、
・楕円曲線暗号グループ(ECC groups)に対する SAE のキャッシュベースの攻撃(SAE サイドチャネル攻撃)(CVE-2019-9494)
・楕円曲線暗号グループ(ECC groups)に対する EAP-PWD キャッシュベースの攻撃(EAP-PWD サイドチャネル攻撃)(CVE-2019-9495)
・SAE confirm 処理においてメッセージの検証が行われない問題(CVE-2019-9496)
・EAP-PWD リフレクション攻撃(EAP-pwd-Commit メッセージの検証不備)(CVE-2019-9497)
・EAP-PWD Server における EAP-pwd-Commit メッセージの検証不備(CVE-2019-9498)
・EAP-PWD Peer における EAP-pwd-Commit メッセージの検証不備(CVE-2019-9499)。

これらの脆弱性により、サイドチャネル攻撃によって、パスワードの復元に使用可能な情報を取得される(CVE-2019-9494)、辞書攻撃により、弱いパスワードを取得される(CVE-2019-9495)、hostapdのプロセスを終了させられる(サービス運用妨害)(CVE-2019-9496)、EAP-PWD の認証を回避される(CVE-2019-9497)、不正なスカラ/要素値をもつメッセージ使用してセッション鍵を取得され、認証を回避される(CVE-2019-9498、CVE-2019-9499)といった影響を受ける可能性がある。JVNでは、wpa_supplicant と hostapd をバージョン 2.8 にアップデートするよう呼びかけている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★

2019年10月8日(火)~11月30日(土) の間 ScanNetSecurity 創刊21周年記念価格で提供。

×