EDR機能や O365保護、中小企業や分散型企業向け製品一新(SonicWall) | ScanNetSecurity
2021.09.21(火)

EDR機能や O365保護、中小企業や分散型企業向け製品一新(SonicWall)

SonicWallは、ワイヤレスネットワークやクラウドアプリ、エンドポイントに対する標的型攻撃から中小企業や分散型企業を保護する、新しいプラットフォーム製品群および機能強化を発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
SonicWallは3月1日、ワイヤレスネットワークやクラウドアプリ、エンドポイントに対する標的型攻撃から中小企業や分散型企業を保護する、新しいプラットフォーム製品群および機能強化を発表した。これらの製品群は、高度なエンドポイント検知・対応(EDR)機能を提供するほか、Office 365やG Suite、Box、Dropboxなどのクラウドアプリケーションに対するリアルタイム保護を提供する。

新製品は、ファイアウォール製品「SOHO 250およびTZ350シリーズ」、「SonicWaveアクセスポイント」を提供。管理機能「SonicWall WiFi Cloud ManagerおよびSonicWiFiモバイルアプリ」により、リモートオフィスを持つ中小企業や分散型企業で容易な導入と管理を実現する。また、クラウドアプリケーションを保護する「SonicWall Cloud App Security 2.0」、EDR機能を持つエンドポイント管理「SonicWall Capture Client 2.0」「のバージョンアップを行った。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×