脆弱性情報の登録状況、もっとも多かった脆弱性は「XSS」(IPA) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.04.23(火)

脆弱性情報の登録状況、もっとも多かった脆弱性は「XSS」(IPA)

IPAは、2018年第4四半期(10月から12月)における「脆弱性対策情報データベース『JVN iPedia』の登録状況」を発表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)は1月23日、2018年第4四半期(10月から12月)における「脆弱性対策情報データベース『JVN iPedia』の登録状況」を発表した。発表によると、同期間にJVN iPedia日本語版へ登録された脆弱性対策情報は3,560件で、累計登録件数が92,674件となった。内訳は、国内製品開発者から収集したもの6件(公開開始からの累計は210件)、JVNから収集したもの66件(累計8,271件)、NVDから収集したもの3,488件(累計84,193件)となっている。

また、件数が多かった脆弱性は、「CWE-79(クロスサイトスクリプティング:(XSS)」490件、「CWE-119(バッファエラー)」390件、「CWE-20(不適切な入力確認)」292件、「CWE-284(不適切なアクセス制御)」270件、「CWE-200(情報漏えい)」249件などとなっている。製品別登録状況では、「Debian GNU/Linux (Debian)」177件、「Foxit Reader(Foxit Software Inc)」122件、「Foxit PhantomPDF(Foxit Software Inc)」121件、「Ubuntu(Canonical)」108件、「Adobe Acrobat(アドビシステムズ)」「Adobe Acrobat Reader DC(アドビシステムズ)」「Adobe Acrobat DC(アドビシステムズ)」がそれぞれ95件などが多かった。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×