ビルシステムのアクセスコントロールに深刻な脆弱性を発見(テナブル) | ScanNetSecurity
2021.06.16(水)

ビルシステムのアクセスコントロールに深刻な脆弱性を発見(テナブル)

テナブルのデータサイエンスチーム「Tenable Research」は、IDenticardが開発したビルセキュリティシステム「PremiSys」のアクセスコントロール・システムに複数のゼロデイ脆弱性を発見した。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
Tenable Network Security Japan K.K.(テナブル)は1月22日、同社が結成したデータサイエンスチーム「Tenable Research」が、IDenticardが開発したビルセキュリティシステム「PremiSys」のアクセスコントロール・システムに複数のゼロデイ脆弱性を発見したと発表した。IDenticardは、IDソリューションやアクセス制御システムを提供する企業で、世界中に数万社以上の顧客を持つ。

PremiSysは、ドア・アクセスの権限付与の操作や、設備の施錠、内臓カメラで録画した動画データの確認などが行える技術。今回発見された脆弱性が悪用されると、PremiSys Windows Communication Foundation(WCF)サービスのエンドポイントを経由し、バッジシステム・データベース全体への管理者アクセスが可能となる。攻撃者はこの管理者権限を利用して、システムデータベースのあらゆるコンテンツのダウンロード、書き換え、ユーザ削除など、さまざまなアクションを実行できる。

Tenable Researchは、脆弱性の開示方針に記載されている標準手法に基づき、IDenticardのバージョン 3.1.190における脆弱性(CVE-2019-3906、CVE-2019-3907、CVE-2019-3908、CVE-2019-3909)を開示した。IDenticardは、問題の解決に取り組んでおり、1月18日(現地時間)にそれぞれの脆弱性への対応について発表している。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×