インシデント報告件数、「フィッシングサイト」と「スキャン」が拮抗(JPCERT/CC) | ScanNetSecurity
2021.08.01(日)

インシデント報告件数、「フィッシングサイト」と「スキャン」が拮抗(JPCERT/CC)

JPCERT/CCは、2018年10月1日から12月31日までの四半期における「インシデント報告対応レポート」および「活動概要」を公開した。

脆弱性と脅威 脅威動向
一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は1月16日、2018年10月1日から12月31日までの四半期における「インシデント報告対応レポート」および「活動概要」を公開した。インシデント報告対応レポートによると、同四半期にJPCERT/CCに寄せられたインシデント報告件数は4,242件で、前四半期(3,908件)から9%増加した。

インシデントの内訳は「スキャン」が37.4%、「フィッシングサイト」が34.8%となった。フィッシングサイトの報告件数は1,560件で、前四半期の1,302件から20%増加した。また、前年度同期(852件)からは83%の増加となっている。内訳では、国内のブランドを装ったフィッシングサイトの件数が282件となり、前四半期の309件から9%減少。国外のブランドを装ったフィッシングサイトの件数は985件となり、前四半期の784件から26%増加している。

活動概要では、「『2017年度CSIRT構築および運用における実態調査』を公開」「JPCERT/CC Eyes~JPCERTコーディネーションセンター公式ブログ~を開設」の2つをトピックに挙げている。実態調査では、CSIRT構築および運用の実態を再確認することに加え、構築済のCSIRTが次のステップへ進むために取組むべき課題を分析し、その結果として、「他の組織のCSIRTとの交流」「インシデントの原因特定に向けたサービスの拡充」「事業継続と障害復旧計画へのCSIRTとしての関与」の3つを示している。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×