「Adobe Reader」「Acrobat」に攻撃リスクの高い脆弱性(IPA) | ScanNetSecurity
2020.11.25(水)

「Adobe Reader」「Acrobat」に攻撃リスクの高い脆弱性(IPA)

IPAは、「Adobe Acrobat および Reader の脆弱性対策について(APSB19-02)(CVE-2018-16011等)」を発表した。これはアドビ社の発表を受けたもの。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)は1月4日、「Adobe Acrobat および Reader の脆弱性対策について(APSB19-02)(CVE-2018-16011等)」を発表した。これはアドビ社の発表を受けたもの。

対象となるのは、Windows版およびmacos版の「Acrobat Reader DC(2019.010.20064)およびそれ以前」「Acrobat Reader DC(2019.010.20064)およびそれ以前」「Acrobat 2017(2017.011.30110)およびそれ以前」「Acrobat Reader 2017(2017.011.30110)およびそれ以前」「Acrobat DC(Classic 2015)(2015.006.30461)およびそれ以前」「Acrobat Reader DC Classic 2015)(2015.006.30461)およびそれ以前」。

該当バージョンのAdobe ReaderおよびAcrobatには複数の脆弱性が存在する。アドビ社からは、「過去に攻撃リスクが高いとされたことのある脆弱性」としてアナウンスされているため、至急、修正プログラムを適用するよう呼びかけている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×