他の職員のOTPトークンを窃取し不正アクセス、盗撮の余罪も判明し懲戒免職に(奈良県) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.03.19(火)

他の職員のOTPトークンを窃取し不正アクセス、盗撮の余罪も判明し懲戒免職に(奈良県)

奈良県は12月7日、平成30年度の県職員の懲戒処分について発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
奈良県は12月7日、平成30年度の県職員の懲戒処分について発表した。

これによると、県土マネジメント部 出先機関の係長が8月31日に他の職員の机からワンタイムパスワードトークン(3,218円相当)を窃取し、9月20日になりすましによる不正アクセス行為を行ったというもの。

当該職員は、窃盗と不正アクセスの容疑で警察に逮捕され、取り調べを受ける中で、一般人の男女の性行為の盗撮も発覚し略式起訴され罰金刑70万円となった。

同県では12月7日付けで当該職員を懲戒免職処分とした。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×