EDR機能のAPIを提供、さまざまな活用を可能に(サイランス) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.03.26(火)

EDR機能のAPIを提供、さまざまな活用を可能に(サイランス)

サイランスは、エンドポイントにおける検知と対応(EDR)機能「CylanceOPTICS」のAPIを提供すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
Cylance Japan株式会社(サイランス)は12月13日、エンドポイントにおける検知と対応(EDR)機能「CylanceOPTICS」のAPI(アプリケーションプログラミングインターフェイス)を提供すると発表した。これにより、世界中の「CylancePROTECT」と「OPTICS」のユーザは、タスクの繰り返し実行や自動化によるメリットを享受できるとしている。

APIを利用することで、セキュリティチームはエンドポイントで収集されたリアルタイムのインテリジェンスをより効率的に参照し、それに情報を付加してコンテキストに応じて理解し、重要なシステムのセキュリティを維持できるようになる。また、デバイス制御やメモリエクスプロイト保護のためのポリシーを作成し、ネットワーク内で攻撃が実行されるのを防ぐこともできる。SOC業務プロセスのために、自動化されたワークフローを作成することも可能となる。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×