改造した「ニンテンドークラシックミニスーパーファミコン」を販売し逮捕(ACCS) | ScanNetSecurity
2020.10.27(火)

改造した「ニンテンドークラシックミニスーパーファミコン」を販売し逮捕(ACCS)

ACCSによると、島根県警生活環境課と安来署は、インターネットオークションを悪用し、ゲームソフトウェアの無断複製物を販売していた茨城県鹿嶋市の会社員男性を、著作権法違反および商標法違反の疑いで逮捕した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)は11月20日、島根県警生活環境課と安来署が11月19日、インターネットオークションを悪用し、ゲームソフトウェアの無断複製物を販売していた茨城県鹿嶋市の会社員男性(39歳)を、著作権法違反および商標法違反の疑いで逮捕したことを、著作権侵害事件として発表した。

男性は、2018年4月から5月までの間、各著作権者が著作権を有するゲームソフトウェアが無断複製された「ニンテンドークラシックミニスーパーファミコン」を購入客3名に対し、代金合計61,500円で販売するなどしていた。島根県警捜査員のサイバーパトロールにより、正規品では21タイトル収録のテレビゲーム機が「約350タイトルを収録」などと説明された男性の出品を発見、ACCSを通じて著作権者に連絡したことが端緒となっている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×