定期購入の説明不十分なページに警告表示、「Chrome 71」から導入(Google) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.12.10(月)

定期購入の説明不十分なページに警告表示、「Chrome 71」から導入(Google)

Googleは、「定期購入ページの説明が不十分な場合は警告が表示されるようになります」と題したブログを、ウェブマスター向け公式ブログで公開した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
Googleは11月12日、「定期購入ページの説明が不十分な場合は警告が表示されるようになります」と題したブログを、ウェブマスター向け公式ブログで公開した。これは、モバイル向け定期購入ページの説明が不十分であるために、月末の請求書を見て驚くChromeユーザが増えていることを受けたもの。

説明の不十分な定期購入ページとは、例えばオンラインゲームをプレイする際などに「携帯電話番号を入力」し、「続ける」を押すといった指示があり、その通りにすると高額な請求が発生するというもの。その場では料金が発生するなどの記載がないため、ユーザは請求書を見て初めて知ることになる。

そこでGoogleでは、Chrome 71(2018年12月公開)以降、Chromeユーザが説明の不十分な定期購入ページを開こうとした場合に、警告を表示する。警告が表示された場合は、定期購入ページに進むかどうかをユーザが明示的に選択することになり、料金が発生することに気付いていなかった場合は、前のページに戻ることができる。

Googleでは、「モバイルでの料金請求のベスト プラクティス」を新たにまとめ、これに準拠していないサイトは警告画面を表示するとともに、ウェブマスターに通知する。Googleではチェックポイントとして、「料金に関する情報がユーザに明示されているか」「ユーザが利用規約に同意する前に、料金を簡単に把握できるか」「簡単に理解できる料金体系になっているか」を挙げている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×