DLmarketへの不正アクセスで561,625件の会員情報が流出の可能性(ディー・エル・マーケット) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.12.16(日)

DLmarketへの不正アクセスで561,625件の会員情報が流出の可能性(ディー・エル・マーケット)

ディー・エル・マーケット株式会社は10月22日、同社が運営する電子書籍、楽譜、写真素材、イラスト素材などを販売するDLmarket(https://www.dlmarket.jp/)に使用しているサーバへの不正アクセスにより会員情報が流出した可能性があることが判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
ディー・エル・マーケット株式会社は10月22日、同社が運営する電子書籍、楽譜、写真素材、イラスト素材などを販売するDLmarket(https://www.dlmarket.jp/)に使用しているサーバへの不正アクセスにより会員情報が流出した可能性があることが判明したと発表した。

これは10月17日18時頃に、同社サービス内で異常が検知され当該サーバを調査したところ外部からの不正アクセスが確認されたというもの。

流出した可能性のあるのは、同社サービスでダウンロード会員登録をしたユーザーのメールアドレス、氏名、会員ID561,625件(人)で、住所や電話番号、カード情報は含まれていないとのこと。

同社では、不正アクセスを確認後、情報流出が拡大しないよう侵入経路の遮断、監視体制の強化等の対策しており、引き続き個人情報保護委員会や警察への相談、専門会社による不正アクセスの原因調査等を実施する。

なお現在のところ会員情報の不正利用等は確認されていない。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×