「SOLTAGE」ユーザ向けにIDS/IPSのマネージドサービスを提供(キヤノンITS) | ScanNetSecurity
2021.07.30(金)

「SOLTAGE」ユーザ向けにIDS/IPSのマネージドサービスを提供(キヤノンITS)

キヤノンITSは、同社が運営する西東京データセンターを利用したクラウドサービス「SOLTAGE」やホスティングサービスのユーザを対象に、不正アクセスを侵入検知・侵入防御する「IDS/IPSサービス」を提供開始したと発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
キヤノンITソリューションズ株式会社(キヤノンITS)は10月17日、同社が運営する西東京データセンターを利用したクラウドサービス「SOLTAGE(ソルテージ)」やホスティングサービスのユーザを対象に、不正アクセスを侵入検知・侵入防御する「IDS/IPSサービス」を同日より提供開始したと発表した。同サービスは、ユーザの代わりにIDS/IPS機能提供機器を用意・管理するマネージドサービスとして提供される。価格は別表の通り。暗号化通信も検査するオプションサービスも用意される(初期費用:35,000円、月額:5,400円)。

マネージドサービスのため、防御対象サーバへのソフトウェアのインストール作業が不要で、機器のメンテナンスやリプレース計画の検討、障害対応といった保守・運用を意識することなくセキュリティを強化できる。また、ネットワーク型での提供のため、防御対象サーバのリソースを消費しない。サーバのリプレースやバージョンアップにより更改された場合も、ソフトウェアの再インストールやバージョンアップは発生しない。さらに、基本料金内で月次レポートが提供される。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×