新ブランド「Nissho Cross Platform」開始、第1弾はMSS(日商エレ) | ScanNetSecurity
2020.11.24(火)

新ブランド「Nissho Cross Platform」開始、第1弾はMSS(日商エレ)

日商エレは、ICTインフラ向け運用・監視およびそれらを補完する各種サービスの統一ブランドとして「Nissho Cross Platform」を開始したと発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
日商エレクトロニクス株式会社(日商エレ)は10月16日、ICTインフラ向け運用・監視およびそれらを補完する各種サービスの統一ブランドとして「Nissho Cross Platform(NCPF)」を同日より開始したと発表した。同時に、その第1弾となる新セキュリティサービスラインナップ「Nissho Cross Platform - Cyber Security」(NCPF-CS)をリリースした。

NCPF-CSは、顧客を直接的に支援する「Managed Security Service(MSS)」を核に、「脆弱性診断サービス」「潜伏脅威診断サービス」「クラウドセキュリティ診断サービス」の各種診断サービスで現状把握をサポートするもの。MSSは大幅に刷新し、幅広いラインアップのセキュリティデバイス監視代行や相関分析、ユーザ定義シグネチャの提供開始や稼働監視サービスの標準バンドル化などのサービス高度化を図る。

同社ではMSSの特徴として、入口・出口対策のデバイスに対するMSSだけでなく、内部潜伏脅威対策として有効なVectra Networks社製品のMSSにも対応し、高度化された相関分析サービスを実現していることを挙げている。これにより、顧客のサイバーレジリエンスの向上を強力に支援するとしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×