新ブランド「Nissho Cross Platform」開始、第1弾はMSS(日商エレ) | ScanNetSecurity
2021.09.26(日)

新ブランド「Nissho Cross Platform」開始、第1弾はMSS(日商エレ)

日商エレは、ICTインフラ向け運用・監視およびそれらを補完する各種サービスの統一ブランドとして「Nissho Cross Platform」を開始したと発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
日商エレクトロニクス株式会社(日商エレ)は10月16日、ICTインフラ向け運用・監視およびそれらを補完する各種サービスの統一ブランドとして「Nissho Cross Platform(NCPF)」を同日より開始したと発表した。同時に、その第1弾となる新セキュリティサービスラインナップ「Nissho Cross Platform - Cyber Security」(NCPF-CS)をリリースした。

NCPF-CSは、顧客を直接的に支援する「Managed Security Service(MSS)」を核に、「脆弱性診断サービス」「潜伏脅威診断サービス」「クラウドセキュリティ診断サービス」の各種診断サービスで現状把握をサポートするもの。MSSは大幅に刷新し、幅広いラインアップのセキュリティデバイス監視代行や相関分析、ユーザ定義シグネチャの提供開始や稼働監視サービスの標準バンドル化などのサービス高度化を図る。

同社ではMSSの特徴として、入口・出口対策のデバイスに対するMSSだけでなく、内部潜伏脅威対策として有効なVectra Networks社製品のMSSにも対応し、高度化された相関分析サービスを実現していることを挙げている。これにより、顧客のサイバーレジリエンスの向上を強力に支援するとしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×