仮想通貨を要求する日本語の脅迫メール確認(JPCERT/CC) | ScanNetSecurity
2022.06.27(月)

仮想通貨を要求する日本語の脅迫メール確認(JPCERT/CC)

JPCERT/CCは、CyberNewsFlashとして「仮想通貨を要求する日本語の脅迫メールについて」を公開した。

脆弱性と脅威 脅威動向
一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は9月19日、CyberNewsFlashとして「仮想通貨を要求する日本語の脅迫メールについて」を公開した。9月18日頃から、仮想通貨を要求する日本語のメールが確認されている。この脅迫メールについて、JPCERT/CCでは「あなたの秘密の生活」「セキュリティ警告」「アカウントの問題」「読んだ後に電子メールを削除!」の4つの件名を確認している。

メール本文は、以前より出回っている英文メールを日本語に翻訳したものと推測され、受信者に関する情報を収集し、その情報を削除する代わりに仮想通貨を要求するという内容が記載されている。JPCERT/CCでは、このようなメールを受信した場合は攻撃者の要求には応じず、冷静に対応を行うことや、メール本文でパスワードが示されている場合は、実際に同じパスワードを使用しているサービスがあれば、ログイン履歴を確認し、異なるパスワードを再設定するなど適切な対応を行うよう呼びかけている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×