正規のデジタル証明書で署名されたマルウェアを確認(カスペルスキー) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.21(日)

正規のデジタル証明書で署名されたマルウェアを確認(カスペルスキー)

カスペルスキーは、Kaspersky Labのグローバル調査分析チームが、サイバー犯罪組織「LuckyMouse」が関与しているとみられる、未知のトロイの木馬を利用した複数の感染を確認したと発表した。

脆弱性と脅威 脅威動向
株式会社カスペルスキーは9月18日、Kaspersky Labのグローバル調査分析チーム(GReAT)が、サイバー犯罪組織「LuckyMouse」(別名:APT27)が関与しているとみられる、未知のトロイの木馬を利用した複数の感染を確認したと発表した。LuckyMouseは、中国語話者が関与しているとみられており、世界中の大規模な組織を対象に、政治的な意図があると考えられる高度な標的型サイバー攻撃で知られている。

GReATが確認したトロイの木馬は、LuckyMouseが作成したネットワーク用のフィルタードライバ(NDIS Proxy)を通して標的のコンピュータに感染し、攻撃者によってコマンドの実行、ファイルのダウンロードとアップロードなどのさまざまなタスクの実行や、ネットワークの悪用などを可能とするもの。

注目すべき点として、ネットワーク用のフィルタードライバを挙げている。攻撃者はドライバの信用度を上げるため、情報セキュリティ関連のソフトウェア開発企業の正規のデジタル証明書を盗用し、署名していた。正規のソフトウェアに見せかけ、セキュリティソリューションによる検知を回避することが目的とみられる。

また、LuckyMouseは独自にマルウェアを作成できる能力があるにもかかわらず、あえて一般に公開されているリポジトリのサンプルコードを利用して、カスタムマルウェアを作成していた。すでに第三者によって完成されたコードを応用することで、開発にかかる時間を節約できるだけでなく、攻撃者の特定も困難になる。Kaspersky Labでは、「LuckyMouseが新たな攻撃を開始するのは、ほぼ必ずと言ってよいほど大規模な政治的イベントが控えているとき」として注意を呼びかけている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×