複数のFXC製ネットワーク機器に、任意スクリプト実行の脆弱性(JVN) | ScanNetSecurity
2020.05.25(月)

複数のFXC製ネットワーク機器に、任意スクリプト実行の脆弱性(JVN)

IPAおよびJPCERT/CCは、FXCが提供する複数のネットワーク機器にクロスサイトスクリプティングの脆弱性が存在と「JVN」で発表した。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は9月13日、FXC株式会社が提供する複数のネットワーク機器にクロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性が存在すると「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。CVSSによるBase Scoreは4.3。北陸先端科学技術大学院大学 先端科学技術研究科 セキュリティ・ネットワーク領域の砂川真範氏が報告を行った。影響を受けるシステムは次の通り。

・管理機能付レイヤ2スイッチ FXC5210/5218/5224 用ファームウェア Ver1.00.22 より前のバージョン
・管理機能付レイヤ2スイッチ FXC5426F 用ファームウェア Ver1.00.06 より前のバージョン
・管理機能付レイヤ2スイッチ FXC5428 用ファームウェア Ver1.00.07 より前のバージョン
・給電機能付 (PoE) スイッチ FXC5210PE/5218PE/5224PE 用ファームウェア Ver1.00.14 より前のバージョン
・無線LANルータ AE1021/AE1021PE 用ファームウェアすべてのバージョン

これらの機器には、格納型のXSSの脆弱性(CVE-2018-0679)が存在する。この脆弱性が悪用されると、悪意ある管理者が当該製品の管理画面に細工した入力を行った後、別の管理者がログインすると、Webブラウザ上で任意のスクリプトを実行される可能性可能性がある。JVNでは、開発者が提供する情報をもとに、ファームウェアをアップデートするなどの対策方法を紹介している。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!
編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!

Scan PREMIUM が半額! こんな時期だからこそセキュリティの未来を考えるオンライン飲み会を開催

×