IoTセキュリティ研究に焦点を当てた「CYBER GRID JOURNAL」(ラック) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.22(土)

IoTセキュリティ研究に焦点を当てた「CYBER GRID JOURNAL」(ラック)

ラックは、同社の研究開発部門サイバー・グリッド・ジャパンによる情報提供誌「CYBER GRID JOURNAL VOL.6」を公開した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
株式会社ラックは9月12日、同社の研究開発部門サイバー・グリッド・ジャパンによる情報提供誌「CYBER GRID JOURNAL VOL.6」を公開した。今回は、同社のIoTセキュリティ研究に焦点を当てた特集「ミエナイ技術、IoT ~未来の社会を創造する新技術へのラックの挑戦~」を掲載している。

特集では、サイバー・グリッド・ジャパン IoT技術研究所のリサーチャーである木田良一氏による「IoTエッジデバイスエンジニアの苦悩の日々」「IoT機器の安全性はどうやって破られるのか」、同リサーチャーの宮崎力氏による「ARM CPUの今までとこれから」を掲載し、また「Youは何しにラックへ?」として両氏に“地味な作業”というIoT研究の魅力やラックにやってきた理由などをインタビューしている。

「ラックの顔」では、自動車のセキュリティに関する技術書「カー・ハッカーズ・ハンドブック」の翻訳について、サイバーセキュリティ事業部の金子博一氏、北原憲氏に経緯や苦労を聞いている。同技術書の翻訳を行ったのは、謎の団体とされる「自動車ハッククラブ」であるが、同クラブのメンバー11名のうち9名がラックグループの関係者であるという。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×