世界 4 割に影響「IIS WebDAV」の脆弱性 - -月例レポート(チェック・ポイント) | ScanNetSecurity
2021.12.06(月)

世界 4 割に影響「IIS WebDAV」の脆弱性 - -月例レポート(チェック・ポイント)

チェック・ポイントは、2018年6月の「Global Threat Index(世界の脅威指標)」を発表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ株式会社(チェック・ポイント)は8月21日、2018年6月の「Global Threat Index(世界の脅威指標)」を発表した。レポートによると、バンキング型トロイの木馬の世界的な影響が過去4カ月で50%拡大し、このタイプのマルウェア・ファミリー2種が新たにランキングのトップ10入りしている。

6月のマルウェア・ファミリーの上位3種は、Webページに埋め込まれたJavaScriptが仮想通貨Moneroの採掘を行う「Coinhive」、仮想通貨の採掘を行うマイニング・マルウェア「Cryptoloot」、バンキング型のトロイの木馬として動作するIRCベースのワーム「Dorkbot」であった。6月のモバイル・マルウェアの上位3種には、なお、Android向けのモジュール型バックドア「Triada」、ランサムウェアとしても動作する、Android向けのバンキング型トロイの木馬「Lokibot」、iPhoneとAndroid搭載端末に対応したスパイウェア「TheTruthSpy」がランクインした。

6月の脆弱性の上位3種は、Microsoft IIS WebDAVサービスのScStoragePathFromUrl関数のバッファ・オーバーフロー(CVE-2017-7269)、Oracle WebLogicのコンポーネントWLS Securityのリモート・コード実行(CVE-2017-10271)、SQLインジェクションとなった。CVE-2017-7269は世界の40%、CVE-2017-10271は35%の組織が影響を受けるとしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×