受講生の成績情報を保存したノートパソコンが盗難被害(東京大学) | ScanNetSecurity
2023.02.02(木)

受講生の成績情報を保存したノートパソコンが盗難被害(東京大学)

国立大学法人東京大学は7月27日、同学の教員のノートパソコンが盗難被害に遭い保存されていた個人情報の紛失が判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
国立大学法人東京大学は7月27日、同学の教員のノートパソコンが盗難被害に遭い保存されていた個人情報の紛失が判明したと発表した。

これは7月9日に同学総合文化研究科の教員がイベント参加中に鞄の盗難被害に遭い、その中に本人所有のノートパソコンが含まれていたというもの。

同PCには、平成28年度から平成30年度まで当該教員が担当した英語授業の一部の授業科目の受講生384名の氏名、学生証番号、成績を記したファイルと非常勤講師7名の氏名、生年月日、住所、連絡先等を記したファイルが保存されていた。なお同PCはファイルシステムの暗号化は行われていなかったとのこと。

現在、情報流出が疑われるような事実や不正利用は確認されておらず、また当該教員より所轄の警察署に被害届を提出済みとのこと。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×