マイニングマルウェアが前四半期から629%の大幅増--四半期レポート(マカフィー) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.21(水)

マイニングマルウェアが前四半期から629%の大幅増--四半期レポート(マカフィー)

マカフィーは、2018年第1四半期の脅威レポートを発表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
マカフィー株式会社は7月5日、2018年第1四半期の脅威レポートを発表した。McAfee Labsは、1秒あたり平均5個のサンプルを新たに検知、その中にはクリプトジャックや他の仮想通貨マイニングマルウェアの増加も含まれていた。また、注目すべき攻撃では、2017年に起きた最も高度に確立された攻撃に技術的な改良を加えた動きが確認されたことを取り上げている。

仮想通貨マイニングマルウェアの増加率は、前四半期から629%と脅威的な増加を記録し、合計サンプル数は前四半期の40万個から290万個超へと急増した。これは、サイバー犯罪者たちが利用者のシステムに侵入し、仮想通貨を集めるだけで、第三者に頼ることなく収益化が可能な点を好んでいることを示唆しているとみている。また、PowerShellからLNKへ、あるいはLockyからGandcrabへと、技術的な進歩による攻撃手法の変化も確認している。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×