「シャレード文庫」のメルマガ会員情報が外部に存在することを確認(二見書房) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.25(火)

「シャレード文庫」のメルマガ会員情報が外部に存在することを確認(二見書房)

株式会社二見書房は6月18日、同社が運営するウェブサイトの会員情報が第三者の不正アクセスにより流出した可能性があることが判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
株式会社二見書房は6月18日、同社が運営するウェブサイトの会員情報が第三者の不正アクセスにより流出した可能性があることが判明したと発表した。

これは4月11日に情報流出の可能性が判明し調査を実施、セキュリティーシステム会社から流出データを取り寄せて会員情報と照合した結果、同社保有データと合致することを確認したというもの。

流出が確認されたのは、メルマガ会員情報のメールアドレスと平文のログインパスワードの組み合せ3,375件。

同社では、流出したメールアドレス・パスワードと同一の組み合わせを他のサービスでも使用している会員は変更するよう呼びかけている。

なお同社ではすでに、漏えいの原因となったWebアプリケーションの脆弱性は修正済みでこれ以上の流出件数の増加はないとのこと。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×